April 10, 2012

Hilton Newark Airport

Newarkからコンチネンタル航空で東京に帰る際に
搭乗口でアナウンスが。
どうもオーバーブッキングの予感。
・荷物は空港から自宅に無料でお送りします
→機内にすでに搭載されてるため
・東京便もしくは香港経由で
翌日便のビジネスクラス確約
→コンチネンタル航空のビジネスクラスは席が広い!
香港にもしかしたら寄れるのもポイント大。

へぇ?いいじゃない?
でももう一声.....と
わたしは思っていました。
それに、さすがにここは搭乗口。
チェックインまで済ませているし
この日はビジネス客が多かったので
ボランティアが現れず.....

さらに
・現金US$500プレゼント
→普通はUS$200-300程度の自社チェックが大半。
この大盤振る舞いに思わず立候補。
わたしが立候補すると他にも続々と立候補者が出てきました。
手続きをしているあいだに
そういや泊まる場所はどうなるの?と聞くと
もちろん、ホテルも提供しますと言われ
それならいいやと安心していると
立候補組の何人かが集まり
コンチネンタル航空の人の先導で
バスに乗せられてこのヒルトンに連れて行かれました。
ホテルのフロントでコンチネンタル航空の方が
部屋代、朝食、夕食、電話代US$20までの無料手続き。
フロントからルームキーをもらい
コンチネンタル航空の人が明日迎えに来る時間を確認。

ひとり客室に向かおうとすると
仲良くなったマレーシア系アメリカ人の
ボランティアのひとりに
「一緒にCityで夕食とろうよ」と話しかけられ
「いいよ?部屋番号はこれだからあとで内線ならして?」
なんて軽口叩いて部屋に入ってみれば
内装はアメリカの典型的なエアポートホテルで
インテリアなどは簡素ながらも
広さは30平米弱あってそれなりに快適。
窓からはManhattanのビルと
空港から発着する飛行機が交互に見えて旅情を誘います。

ベッドサイドにPhoneやiPodのConnector付き時計があり
iPodを持っていたわたしは早速使って
shuffle機能でかかった曲は
Bill BrandonのCan't We Just Sit Down (And Talk It Over)
ドナ・サマーが歌ったことで有名なこの曲ですが
なかなか彼の声がいいのですね。
彼がにっこり笑っている顔が印象的な
このアルバムは名盤で
まったくハズレ曲がないのです。
これだけ歌えてなかなかいい声だし
今何をしているのかな?と調べてみれば
いまはトラックの運転手をしているそうで
芸能界から去ってしまったそう.....
実にもったいないなと思いました。


Hilton Newark Airport
1170 Spring Street
Elizabeth New Jersey 07201-2114
United States
Phone +1-908-351-3900
Facsimile +1-908-351-9556
E-Mail EWRAH_FO@hilton.com
Map
Website

2 comments:

  1. 本当に大盤振る舞い!ですね!!

    先月、国内ですが、JAL(羽田から伊丹行)のボランティアで、次のフライト(1時間後)に変わってくれる人に、現金1万円か7,000マイルということでした。

    アナウンスがあって、隣にいた男性はすかさず、カウンターに向かって行きました。

    1時間後で7,000マイルは魅力でしたが、関西の出の予定があり、断念しました!

    それにしてもアメリカは太っ腹!

    ReplyDelete
  2. 1時間後に7000マイルっていうのが
    日本っぽいですわね。
    アメリカの国内線だったら
    こんなに大盤振る舞いしないと思います。
    遅れて当たり前の運行状況ですもの.....

    ReplyDelete

There was an error in this gadget