April 27, 2012

Flughafen Frankfurt am Main



私の友人が布教?している
けんちく体操ですが
ついに日本を飛び越え!
なんとドイツはワイマールにある
バウハウスでのCommunicating Architecture to Children and Youthに
正式招待されました。(拍手)
本日から2日間講演をするのですよ。
まさに快挙ですね。
心から成功を祈ります!

正式招待ですから
当然ホテルも航空券も
向こう持ちなのですが
日本と違ってフラッグキャリア(=ルフトハンザ)を使え!
という指示がなかったそうなんです。
航空会社もホテルも予算内なら
自由に選んでいいよという太っ腹。

そして、それなら.....と
オランダの雑誌Markにもけんちく体操が掲載されたので
編集部にお礼を言いたいということで
アムステルダムに先に入って滞在したあとに
鉄道を使った陸路移動でワイマールへ。
そしてフランクフルトから帰国というルートになったようで
その結果、全日空+ルフトハンザということに。
機内でどうぞ快適な時間を過ごせますように!

それにしても欧州の鉄道会社のWebsiteは使いやすい!
オランダ鉄道
オランダ全土の交通検索
ドイツ鉄道
上記二社ともにシンプルだし見やすい。
それに予約の簡便さも最高。
特に真ん中にあるオランダ全土の交通検索のサイトのかっこよさ。
実用性も最高だしこのセンスはうらやましい。
そういやフランクフルトもアムステルダムの空港は
国際電車が停まる駅が空港の真下にあって
実に使い勝手もよいのです。

それに引き換え日本の鉄道会社は.....
JR東日本
デザインもブサイクだし
そもそも会員にならないと予約ができないって......
しかも、英文のサイトを見て予約をしようにも
面倒ったらありゃしない。
Yokosoなどと不思議なコピーを作る前に
予約システムから考えなおせばいいのに。
などと思ってしまいました。

フランクフルトの空港のデザインは
青と白を基調としていて
どことなく香港の空港と似ています。
非常に広い空港ではありますが
実は需要が逼迫しているそうで
ルフトハンザの国際線の一部を
ミュンヘンに飛ばし機能を補完しているようです。
それとデュッセルドルフにも東京から直行便を飛ばしていますね。
またドイツの歴史的な経緯もあり
ベルリンの空港の権益を
ルフトハンザはほとんど持っていませんが
新空港が開港後はどうなるのでしょう?

そして建築の専門家であるふたりは
この空港をどう判断するでしょう?
いろいろ話を聴くのを今から楽しみにしています。

Flughafen Frankfurt am Main
Flughafen 1
60547 Frankfurt am Main, Deutschland
Phone +49-180–5372-4636
E-Mail info@fraport.de
Map
日本語Website
Website

No comments:

Post a Comment

There was an error in this gadget