July 2, 2012

Hong Kong Handover


1997年7月1日は香港返還。
中国語では香港回歸ですが
広東語では香港主權移交になるかと。
昨日に引き続きホテルの変遷九龍、新界編です。

画面をクリックして別ウインドウで開かれると
幾分か見やすいかと思います。



また上記はJPG化したものですが

完全版はこちらからダウンロード可能です。
(Numbersで作ったので
Excelだと少し崩れているかもしれません。)
現在も同じ名前で経営しているホテルには
ホテル名の箇所にリンクを張っておきました。
ホテル探しの参考にもぜひどうぞ。

PDF


香港返還の置き土産に英国政府が威信をかけて
現在運用されている新空港が出来て
従来使っていた啓徳空港(カイタック)が
廃港になった関係上
九龍側の繁華街の尖沙咀や旺角において
建築物の高さ制限がなくなり
再開発がすすみ
その結果利幅の低い古いホテルが消えました。

特に地価の高い彌敦道沿いのホテルと

香港島の場所のよいホテルは集中的に消えたので
返還時の観光需要もあいまってホテル代が急騰しました。

この時代に香港から消えたホテルの代表格は
ネイザンロードにあったハイアット・リージェンシー
香港島側のリーガーデンリッツ・カールトン
フラマ・ケンピンスキー、にヒルトンだと思います。

No comments:

Post a Comment

There was an error in this gadget