July 1, 2012

Hong Kong Handover





1997年7月1日は香港返還。
中国語では香港回歸ですが
広東語では香港主權移交になるかと。
もう今年で15周年になるのですね.....

あの頃の香港人の不安なこころが
呼び起こした南米やカナダの不動産市況の上昇、
土地だけでなく移民ブームもありました。
旅券事務所には護照こと旅券を求める人の列が
世界中でニュースになったものです。

当時香港で発行されていた旅券は
BNO<British National Overseas>とよばれるもので
この旅券では英国本土や
英連邦諸国への移住や長期滞在は
外国人同様にVISAが必要なのです.....
それでもこの旅券がほしい人が多かったわけで。
英国から中国への主権移譲にはゴネるけど
香港市民の英国への流入を防ぐために
あの手この手でBNO旅券のカテゴリーを作った
英国政府の狡猾さ。
そしてこのポスターの洗練さ。.....
日本政府には一生出来ないものだなと思いましたね。

当時、外国人である私から見ても
香港が消えるとまでいかなくても
中国の一都市として飲み込まれる可能性が
非常に強いと危惧していました。
実際、深圳の空港などはその最たるものなわけで。
香港返還以降何が変わった?
と問われるといろいろ思うところもありますが
現在のところ変わらずに香港は香港のままで
いるのが幸いです。

そして、本日は15周年を迎える
香港返還記念と称して
香港島の主なホテルの変遷を表にまとめました.....
画面をクリックして別ウインドウで開かれると
幾分か見やすいかと思います。
また上記はJPG化したものですが
完全版はこちらからダウンロード可能です。
(Numbersで作ったので
Excelだと少し崩れているかもしれません。)
PDF

No comments:

Post a Comment

There was an error in this gadget