July 11, 2012

Cathay Pacific Airways

香港の地価の高さ(マンハッタン以上)や
住宅事情の悪さはここ日本でも有名だと思いますが
「でも、東京だって悪いのよ?」と思う方も多いでしょう。
東京の住宅事情が決していいわけでは
ないのはわたしにもわかりますが
香港はそれ以上に悪いのです。
では今日は香港の貧困層の住宅事情についてお話しましょう。

10年ほど前でしたでしょうか?
わたしの友人に香港人と結婚する話が持ち上がり
相手の実家は香港島で(九龍や新界より所得水準が高い)
しかも持ち家があるという話を聞き
「やだ、玉の輿?すごいじゃない?」
とわたしは言い彼女の幸運を祝ったのですが。
婚約ということで彼女は香港に行った日のことです。
彼女が香港について早々と思われる時間に
電話がかかってきたのです。
「ちょっと!冗談じゃないワ!!」
「は?どうしたの?いきなり。」
「...何が家よ!何が香港島よ!!!!」
「いきなりなんなの?あの人詐欺師かなんかだったわけ?」
「.....実家が天台屋だったわ.....」
「.....」

天台屋?はてと思われる方が多いと思いますので
実際の画像を。

そうです。
まわりの高層ビルではありません。
屋上に「違法」に建てた建物を天台屋というのです。
この天台屋、現在では違法ですが、
日本でいう既存不適格状態で
香港政庁も火事などがなければ黙認しています。
違法とはいっても郵便物も届きますし
行政サービスも受けられます。
電話、ネット、水道、ガス(地区によりますがプロパンがメイン)
も当然設置済み。
暑い香港ですからクーラーも設置している場所も多いです。
この天台屋が集中しているのは既成市街地化が早かった
香港島だと西環、銅鑼灣、灣仔、北角。
九龍だと旺角、土瓜灣、九龍塘、九龍城など。
で古い唐樓(エレベーターなしの建物)にあります。
今でも天台屋は貧困層が買える唯一の住宅で
(公団住宅は3−10年待ち。)
活発に不動産会社を通じて取引も行なわれています。

下の写真ですと分かりやすいと思いますが
このように唐樓のほとんどに側面にも
勝手に部屋を増築していることもあり、
壁面がボコボコになった建物が多くあります。
老朽化もさることながら構造上の問題で落下してしまい
下にいる方などが亡くなるケースも多くあり
近年は香港政庁の指導が天台屋よりも
一層厳しい印象があります。
そのため最近は唐樓でも建物の断面が
以前よりすっきりしたビルが増えてきています。

ちなみに件の彼女は香港人の彼が
日本に永住する意志が強かったのが幸いして
結婚していまでも仲良く暮らしています。
また、天台屋に住んでいた家族のみなさんも
香港島にある公団住宅(公共屋邨)が当選し
いまでは天台屋から引越しをしています。
メデタシメデタシ!

キャセイパシフィック航空
Cathay Pacific Airways
國泰航空 
Website

No comments:

Post a Comment

There was an error in this gadget